ヨーロッパ旅行記・スコットランド編

5月19日<13日目>

朝1にルートン空港からのエジンバラ行きの飛行機に乗るため、4時にビクトリア駅のバス乗り場へ~~うぅ~~眠い!!

朝8時15分にはエジンバラに到着! 1日まるまる時間があるわよ!

画像


↑こういう感じのタウンハウス(長屋)形式の家が続いてます。

ホテルに荷物を預けて、エジンバラ観光へ。
もちろんホテルで市内観光マップとバス停の場所を教えてもらってまずはエジンバラ城へ。

普通のバスで市内を回ることができるので、3ポンドの1日乗り放題乗車券を購入。
コレでどこでもいくらでも乗り降りができるってもんよね。


いつものごとく・・・2階建てバスの車窓からの風景。

画像


高台にそびえるエジンバラ城は街のどこからでも見ることができます。

画像


街全体が歴史的建造物なのよ!!さすが世界遺産の街ね!!

画像


この塔。上まで登れるんだけどそれはパス!

画像


大きなホテルにはコンナ姿のドアマンが・・・さすがはスコットランド!

画像


確かこの建物もホテルだったはず・・・ここのバス停で下りて、エジンバラ城へ徒歩で。
ア人バラア上へ続く道は、ロイヤルマイルと呼ばれ、14、15世紀当時のままで保存されてます。
もちろん今も人は住んでて、上手に歴史文化遺産と共存してるのが素晴らしい!

画像


街並を見て感動してる私と、おみやげ物屋を1軒1軒物色してるパン君。
エジンバラ城まで700mくらい~なのに、いつまでたっても城に着かん!!

画像


とある酒屋のショーウィンドウに・・・ホンモノの犬だった。ぬいぐるみやと思ったがな・・・笑


このロイヤルマイルを中心に左右に路地があって、そこもまたとってもいい雰囲気。

画像


エジンバラ城へ行く途中にある”聖ジャイルズ大聖堂

画像


素晴らしいステンドグラスにうっとり~~

画像



700mくらいの道を、赤ちゃんの歩みよりも遅くやっとエジンバラ城へ。何時間かかったのかしら??

画像


この前では、8月に行われる”タトゥー”というイギリス連邦国の軍人がエリザベス女王にご挨拶をする?年1回の行事のためにステージが組まれていました。


城から見た景色。思ったよりも高い場所にあるのよね。

画像



城内。

画像



城内にある教会。

画像



ここにはガリポリ作戦から現在までのイギリス連邦国の戦没者名簿がおかれてあり、ここでもパン君の大叔父さんの名前を探したけどやっぱり見つからなかった。
ガリポリでなくなった証拠の勲章もあるんで間違いなくガリポリで戦死しえるはずなんだけど、苗字が間違ってるんのかな~どうしても見つけ出せなかった。残念・・・


城の部屋の中。スコットランドの紋章がカッコいい!

画像


そのほか、111年間も幽閉されていた三種のスコットランド王の戴冠式用の宝物を見たりして、相当な長い時間お城にいました。

そして大砲を見るたびに・・・パン君がどうしても!と言うのでコンナおバカなことを~~ひぃ~~恥ずかしい。。

画像


さっと飛び乗ってさっと飛び降りた!爆



アホなことをしながら城の見学を終えて、その隣にある”スコッチウイスキー・エクスペリアンス”へ

パン君の一番好きなお酒がスコッチウイスキー。
なので、ここは絶対にはずせない場所なのよね~


画像



遊園地にあるようなゴンドラのような乗り物で、アトラクション気分でスコッチウイスキーの製造過程を見たり、飢えの写真のようなスライドでスコットランド各地の特色を見たりして、最後には試飲もあったりしてね。

各地で香りも味も全然違って、私はバニラの香りが高いフォートランドだったかな~のウイスキーが一番好き。
ホントのウイスキー好きはスモーク臭がきついのを選んでたわね。

スコッチと名がつくのはシャンペンと同じようにスコットランドで製造されたものに限るとか、樽によって色のつき方が違うとか・・・12年以下のものは違法だとか・・・スコットランドは酒税が70%だとか・・・なので、外国で買うほうが安いって皮肉なことがあったりね。苦笑・・・いろいろな勉強がきました。

ここには、たった一人で3000本以上のスコッチウイスキーを集めたおじさんのコレクションがあって、古いものは1800年代ものも・・・その中で嬉しそうに笑ってるベムね。

画像


なかなか面白いウイスキー博物館でした。

そしてまたおみやげ物屋を物色してるパン君。
もうちょっと先のロイヤルマイルにあるホリルードハウス宮殿やカールトンヒルに行きたかった私。
行く方向が違うことを言ったら・・・
ここでまたケンカ勃発!

勝手にしろ!

と言うパン君に、もう~~ほって帰ったるぅ~~!!とね。
でもここでほり出したらホテルにも帰れんジャマイカ?と仏のみっちゃん。

しばらく隣の店に隠れてたら、私がいないんで慌ててるパン君。ざま~みろ!
そして私の後を付いてくる!なら勝手にしろ!なんて言わなきゃいいのにねぇ~~

面倒くさくなってさぁ~~そうこうしてるうちにロイヤルマイルの終点のホリルードハウス宮殿とそのよこにある丘、アーサーズシートへ

画像


さすがにこの丘に登る体力はなく・・・石畳を歩いてもうクタクタだったしね。
バスに乗って、ホテルへ帰ろうかと思ったけどエジンバラの目抜き通りの”プリンセスストリート”へ

画像


老舗デパートジェニーズ。
ココの感じはシドニーのQBBそっくり。

画像


ほらね?よく似てるでしょ??

そして街角にはバグパイプの兄ちゃんが・・・次の日はじーさんに変るのよ~親子なのかしら??笑

画像


この人。
ストリートパフォーマーで、お金を入れたら一緒に写真を撮れる。ってしてるみたいでね、遠くの離れたところから撮ってるパン君のカメラに気づくと、さっと後ろに向くのよ!笑
何度もトライするものの、いつもタイミングよく後ろへ向くのね。

で、私に名案が~~
2階建てバスの車窓から撮る!
そして撮った写真が上のもの。へへへ~作戦勝ち!?

このころには、むかついた気分もどこへやら・・・仲良く帰りましたわよ。
で、夕食は・・・また中華だぁ!!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

山羊座
2009年06月11日 10:57
わぁ~ 行きたかったなぁ エジンバラ!

あの、冬空のような街が、何故か気になっていたんだけど…
その時間、ウインダミアに行ってしまったんだわ!
この時期の、エジンバラが、最高じゃないのかなぁ?
みっちゃん
2009年06月11日 11:24

@山羊座さん

思ってたよりも晴れてたんですよ。
でも寒かった!!笑

建物が古く色が黒いんで、天気が悪いとちょっと不気味かも・・・(^^;)
でも中世の城下町の様子をよく表していて、歴史的建造物好きの私にとっては、宝箱のような街でした。





しゅんらん
2009年06月11日 11:47
キタ~~!エジンバラ!
あこがれなんだよね
堪能いたしましたが
オンザ大砲の雄姿もイケてたわよ

ここでも中華。。。
たまごっち
2009年06月11日 11:58
歴史好きには たまらないよね~~。

土産物好きにもたまらない様子だけど^^;

酒好きにも たまらないんだろうなぁ。アハハ
みっちゃん
2009年06月11日 12:14

@しゅんらんちゃん

エジンバラ!
ホンマに中世にタイムスリップしたみたいな街やった。
天気がよくてよかったけど、ちょっと天気が悪いとなにやらいそうな雰囲気が怖かった。苦笑

オンザ大砲。。。
ホンマに恥ずかしかったのだぞ!(^^#)






@たまごっちさん

ここは1粒で何度も美味しい街でした。(^^)

スコッチウイスキー。
ウイスキーの類は元々嫌いだったんですが、あら?いけるじゃなぁ~~い!ってね。笑
ストレートの試飲ですっかりヨッパーになってしまいましたよ。あはは~





かえる
2009年06月11日 12:18
スカート穿いてる!!
めくりたくならへんかった?
みっちゃん
2009年06月11日 12:31

@かえるちゃん

中がどうなってるのか?どんなパンツはいてるのか?・・・実は下から覗きたかった。爆爆

さるる
2009年06月11日 14:27
オーストラリアはスコティッシュやアイリッシュの移民が多いから、キルト姿の人はよく見かけるんだけど、家によって柄が違うといわれてるタータンの違いが今一分からない。
うちの小学校の冬のジャンパースカートの柄は結構好きだな。
エジンバラは暗い雰囲気しか浮かんでこないんだよね~。青空もあるんだと思ってしまったわ。
犬、スコッチテリアの毛が長いやつ?
Non
2009年06月11日 14:37
パン君の性格だれかに似てるわ~。
憎めないけど、ときどきむかつくことを言うのよね。でも、いいな~~~~~~
写真みていってみたくなりました。
ピノ♪
2009年06月11日 15:35
ロイヤルタトゥー結構好きかも?TVでやってるとつい見てしまう(マスゲームに通じるものがあるよね)。
大砲に馬乗り・・・シェールのミュージックビデオ思い出したよ~(笑)。
キルトの下には何も履かないのが正式らしいよー。風が吹いたら大変・・・だからポシェットみたいなヤツで押さえてるとか(←本当か?)。旦那のルーツはスコットランドらしいけど、「○x家はどんな柄のキルトなの?」って聞いたことあるけど「ヨーロッパが嫌でUSに逃げ出した家系だから知らん・・・さかのぼって調べれば判るかもしれないけど。」だって。
歴史ないよなーアメリカ人って。家紋のある日本人とは違うぜ!!
ひげマスター
2009年06月11日 16:33
街全部が歴史ですね。カメラマンにはたまらない・・金髪の美女を連れて撮影する妄想が・・・(笑)
keikei
2009年06月11日 17:24
やっぱ スコッチテリアだよね~
さすが スコットランド♪

童話の中の景色みたいやな~
それと やっぱ シドニーみたい…笑

ふぢ
2009年06月11日 20:59
歴史を感じる街並みやなぁ~(*´ -`)(´- `*)ウットリ・・・
アメリカとはやっぱちゃうわね。
( ゚д゚)ハッ!ベムがおる!(笑)

大砲またがりは自分はやらんのか?ベム。
つーかダンスはいつや!( ̄m ̄*)プッ
みっちゃん
2009年06月12日 07:29

@さるるちゃん

プリンセスメアリーのとこもそうやんね。
結婚式にパパが民族衣装でてたよね~(^^)

エジンバラは建物の色が黒いからね、他の街よりかどんよりしてる感じ。
たまたま天気がいい日だったんだけど、それでもちょと怖いような雰囲気はあったよ。
やっぱ、なんかおりそうなぁ~~苦笑





@Nonちゃん

憎めないんだけどね~でも可愛くもない!爆

駆け足出回ったヨーロッパだったけど、やっぱりAUSやアメリカとは違うから面白かったよ。





@ピノ♪ちゃん

ほぉ~ピノ夫ちゃんはスコットランド系なんだ??
キルトの下はすっぽんぽん?爆
スコットランドの気候だと縮みあがってしまうやんな?笑

ロイヤルタトゥーってそれまで知らなくてね。
パン君に説明してもっらったよ。
場所がTVで見るよりも小さかったんで驚いてたけど・・・





みっちゃん
2009年06月12日 07:30

@マスター

写真撮影にはうってつけの場所でしたね。
金髪ボインのお姉ちゃんにあんなポーズやコンナポーズを取らせて~~~笑






@けいけい

スコッチテリア。
本物やと思わんかったから動いた時にはびっくりした!笑

街全部がもう歴史やったよ。
AUSの年と違って、新しいビルとか建物が規制されてるんやろうな。中世当時のままやった。

デパートはQBBソックリというか、QBBがまねした?笑





@ふぢねえ

ダンスはすんだ!爆

ヨーロッパはどこも自国の歴史を大事にしてる。って印象やな。
特にここはかたくなに昔を守ってる感じがした。

大砲またがり。
私にだけさせやがった・・・チッ(--)