ヨーロッパ道中記・トルコ編

5月12日<7日目>

実質睡眠時間、2時間ちょっとで起きなければいけなくなってしまったこの日の朝。
なぜ5時半のバスに4時起き?ってね~バスの前に朝食をいただいたからなんですわ。

[ちょっと一言]

今回の宿泊先は、いつもよく使うホテルクラブとは違って”gtahotels.com"というサイトを利用。

普通のホテルサイトにないような、低ランクの格安ホテルがよりどりみどりで、そのほとんどが朝食付きの値段。
海外のホテルを探すならココが一番安くてたくさんあっていいかも?



朝食付きプランだったので、夜中の到着時に朝食はどうなるのか?と聞いたところ

朝6時から9時半までです

と言われてたんだけど、わざわざ早くに用意してくれるというありがたい申し出が~~
・・・ということで、ホテルで預かってもらうバックのことやらもあって4時起きとなったわけだ。

簡単に朝食をとって、スーツケースを預け、送迎バスに乗り込む。 このバス、行きに4ポンド払えば帰りの空港からはタダ。4人くらいいればタクシーで行っても同額くらいになるかな・・・

空港のチェックインカウンターで日本のパスポートを見て

ビザの必要は?

と聞かれた。をいをい、そっちはプロやろ?といいたいのをこらえて

たしか、ビザなしでいけると思うんですが・・・

と言った私。そーいや、トルコのビザについては調べるのを忘れてたっけ。。。。
係員が奥に入って確認してる間に、長男君へTEL。

トルコとオーストリア、ビザがいるか調べて!!

こーいうときにいつもPCが立ち上がってて、夜中遅くまでおきてるオタクの息子を持つと便利だわね!爆
どっちの国も”3ヶ月までの観光であれば、ビザなしで大丈夫”と判明。さすがは強い日本のパスポート!!

このとき・・・パン君。

オーストラリアのパスポートはビザがいらんねんで!!

と鼻高々になってる・・・私も

日本のパスポートも信用があるから、ほとんどの国はビザなしでいけるねん!
あの係員、それを知らんねんわ!


と言い返してやった。ガトウィック空港から飛んでるような格安航空会社は日本のツアー会社は使わんやろうしね。日本のパスポートを扱うのも少ないと思われ・・・

係員が戻ってきて、無事にチェックイン終了。
そして、飛んでイスタンブ~~ルへ。

ヨーロッパもこのころ、トンフルエンザで騒ぎになってるはずだったんだけど・・・イギリスでもスロベニアでも、空港での検疫は一切なし!アレレ??と思うほど何もなかったのね。

それがトルコでは様子が違ってて、飛行機の中で健康調査があって、空港でも日本でやってるような”発熱探知機”を使って、乗客一人一人を見てる。
熱はないけど、ちょっと風邪気味だった二人はちょっとビクビクしながら前を通った。

そして入国管理のブースで・・・パン君のパスポートを見た係員

ビザが必要です。あのカウンターで発行してもらってからまた来て下さい。
あなた(私のことね)のはOK! 外で待っててください


とね。わははは~~~見たか!!日本のパスポートの強さ!!

ビザはいらんと、外務省のHPに書いてた!』と反論するパン君であったが・・・ビザを発行してもらうハメに・・・
15ユーロとられたのだとか・・・ご愁傷さま。

ちょっとどたばたの入国だったけど、無事にイスタンブールに到着。。。。といってもこれまたセカンドの空港なんで中心地までが遠いんだ~~
ここからイスタンブールの旧市街までは、55km。タクシーで1時間。

案内所で聞いてもタクシーが便利ということで、タクシーで行くことに。。。固定料金で35ユーロで行くことで交渉成立。だいたい40ユーロ前後で行けるのです。←これは調べてあった。

で、走り出して~~~トルコの車のマナーの悪さを目の当たりにする。。。。

すごい車の数でもあるんだけど・・・大阪の車の運転を10倍くらい悪くした感じ。
割り込みはすごいは、車幅感覚が優れてる??のか『よくこすらないなぁ???』と感心するほどスレスレを通り、また疲れる運転をされて・・・わたくしタクシーの後部座席でも緊張してクタクタ。

そして、高速道路で歩いてる人発見。。。なんで??と思ってみてると~~~

画像


パンを売ってるがな!?

高速道路がいつも渋滞する場所で、パンや水、車用の携帯の充電器?まで売ってるのよ!!
もうこれには笑ったわ~~こんなん誰も買わんやろぉ???商売になるんやろか??と心配になってしまった。

そして、車はイスタンブールの街中へ。。。タクシーのおっちゃん、有名でないホテルを見つけるのに必死。 それと地元ドライバーじゃないから道も良くわからん感じ。
で、なんともすごい人&車。それが路地のような狭い道を行きかうから、大変よ!!

イスタンブール旧市街を一言でたとえるなら・・・忙しい街!これしか表現はないわね。

タクシーのおっちゃん、店やタクシー仲間に思いっきり道を聞いて、探してくれて~~その間にミラー当てられて、ミラーのカバー?が吹っ飛んだんだけど、付け直して(爆)無事ホテルまで連れて行ってくれました。

なんか二人ともど疲れ~~~って感じよ。ボロボロ・・・

朝早い便だったんで、時差を差し引いてもまだ2時。

泊まったホテルは旧市街のど真ん中。どこの名所も徒歩5分から10分で回れるところを選んでたので、早速フロントで地図をもらって、街中散策!

私が行ってみたかったのは、ブルーモスク。聖ソフィア寺院。そしてグランドバザール。でござー~~る。笑

この3つは近くにあって、徒歩で十分。いろいろな店を冷やかしながら(パン君がね。私はいつも外で待ってる)おのぼりさんしてました。

トルコ通貨はトルコリラ(1リラ=60円ほど)。ユーロも使えます。トルコリラはちょうどユーロの半額なので計算も簡単なのだぁ。

私は例のごとくまったく現地通貨をもってなくて、ユーロを持ってるパン君。
早速、屋台でパン(プレツェルっていうやつね)を買ってる。
値段を聞く前にパン君、

ユーロで払える??

と聞いてるバカ!2ユーロだったらしいけど・・・

水もつけてくれた。

リラならいくらだったのかしら??苦笑 なんとなく・・・インドネシア的な香りがしてきたぞぉ~~~


[ちょっと一言]

私の主観なので、お許しを・・・なんだけど、
肌の色とか国とか、性などで差別はしない私なんだけど、自分がその国で体験したことと、友達の国民性のこともあって世界で一番嫌いな国がインドネシアなわけね。

ネシア人のたかり根性と人をだますことを屁とも思ってないこと。なんでも使えるものは使う!金持ちから金を取って何が悪い!?って国民性。にウンザリ。。。だからネシア人は信用もしないし、友達になりたくもない。これはダーウィン時代の経験が大きくものを言ってます。



そしてこの勘は・・・後で大正解になるわけよ・・・

で、パン君に忠告。

あのさ、次にモノを買うときには値段をリラで聞いてから、ユーロで払う。って言わなあかんで!

ってね。 
そんなこんなで、聖ソフィア寺院に到着。

画像


寺院といってもここは教会さ。笑
中に入ってないんで、感想はなし。

そしてその前にあるブルーモスク

画像


どちらもでかくてすごい建物。
でも街のいたるところにあるモスクもみな素晴らしくて、さすがはかつてオスマントルコとして勢力を持っていただけのことはあるわね~~と感心しておりました。

このあたりで写真を撮ってたとき~~もちろん、パン君は自分のカメラ撮影で夢中になってるし、私はいつものごとく好きにフラフラしてたんだけど・・・

声を掛けられる事!掛けられる事!!爆

トルコ人もアジア人が珍しい・・・ってことはないわね、その辺で日本人や中国や韓国の観光客もいっぱい見たし・・・なぜか知らんがようジロジロ見られて。声も掛けられて、ついでに写真も撮られたりして~~それもトウモロコシにかぶりついてるところ。。。爆笑

パン君ATMでお金を下ろしてる私のちょっと後ろで待ってたときに、道を歩いてたトルコ人男性が私の方を見てたらしい
そこで一言!

みんなお前のケツばっかり見てるどぉ!!

とニヤニヤしてる。ヒップハングのジーンズをはいて暑かったから5分そでのTシャツは着てたけど~~そんな露出した格好はしてなかったのだが・・・
チラっと見える腰の肌にやられたのか??トルコ人!?爆

後姿はいいオンナ~後姿はいいオンナ。前に回れば・・・ドアホっ!!(by嘉門達男)2番は・・・しゃべらなければいいオンナ~しゃべらなければいいオンナ。口を開けば・・・・帰れっ!となります。爆

って感じか!?爆爆
ま、なんでもいいけど、こんな顔をしてるアナタ!!トルコへ行ったらめっちゃもてます!
間違いなぁ~~い!

話は元へ~~~聖ソフィア寺院、ブルーモスクと早くもイスタンブール観光の半分が終わり(苦笑)、いよいよ”グランドバザール”へ。

画像


↑外門で警察官のおっちゃんと。

ここ、パン君が大好きな場所になると思って連れて行ったんよね。
私は雰囲気だけで十分なんで、写真をとってちょっと見たら退散したいんだけど・・・案の定、動かんパン君。
何時間いたかしらね~~~買い物が面倒くさい私としては、時間をつぶすのがうっとしくて。。。ほって帰りたいんだけど、地図がわからんちん!なパン君を残しては帰れんし~~ということでお付き合いするハメに・・・

画像


↑こんな感じのアーケード街が四方八方に広がってでひとつの町になってます。

グランドバザールに限らず・・・どのお店もみなブランド品のバッタもん。苦笑
なんで、トルコ伝統や独自のデザインのものとか置かないのかしらね?
ここは観光者用なんやろうけどね~~

いろいろと見て回って、私の目に止まったのは・・・陶磁器店にあったトルコの茶器セット
お盆にティーポット。茶たく。トルコ独特の小さなカップ。スプーン。がついたもの。

全部ガラス製のはめっちゃ高くてね~~でも交渉しだいでぞうにでもなるのはパン君の買い物を見てて思った。
何軒も陶磁器屋はあるんで、うるさい店員を振り切って歩く。

ネシア人の香りをトルコ人にも感じたんで”1回、こいつら嫌い!!”と思うともうあかん私。
仏のみっちゃん(?)が、めっちゃ冷たいドライな女と化し~~いつもは言わない(言えない?笑)ようなことを言う”悪魔のみっちゃん”と化すのであった。

とにかくトルコ人商人はしつこい!つりはごまかす。値段はあってないようなもので人を見て吹っ掛けてくる。
店に入ったら買うまで離さない。。。などなど私が一番きらなことばっかり!
このグランドバザールへ行く前に、トルコアイスを食べようと思って屋台で買って、いざ値段を聞いたら

10ユーロ。(1300円よ!1300円!)」

とか抜かす。 次に行ったところは3リラ(180円)。ま、こんなもんやわな!

はぁ!?これが10ユーロ??ならいらん!返す!!

と言って返してやった。食べてなくてよかったぁ~~(笑)これも悪魔のみっちゃんやから出来た業。爆

ネシア人がかわいいなぁ~と感じたのは、間違いをただせば「ごめ~~ん、間違えちゃった!」と素直に返してきたりするんだけど・・・トルコ人は、逆ギレしたりするんでこの時点で私の嫌いな国NO1に輝いたのはトルコ。そしてインドネシアは2位へ。笑

悪魔のみっちゃんに変化すると・・・いつも”ニコニコして、決定打を言えない”(パン君思想。日本人はみなそうだよ!)私から、ズケズケと歯に衣着せぬことがいえるから不思議!

パン君、いつもは値切り大王になるのに、なぜかいつも実力が発揮できない。笑 そんなときに

値段も落ちへんし、もう行こう

と鶴の一声。それで値段がバァ~~ンと落ちる。
パンくん、ホクホク顔で

ありがと!いい買い物が出来たよ!!

私としては、しつこさにイライラして、ホントに店を出たかったから言ったんだけどね~
それ以外にも、まぁ~~どこに行ってもしつこいんで

いらんちゅーたら、いらんって言うてるやろぉ!!ごるぁ~~

って感じね。 いつもになくイラついてむかついてる私。
そんな中で、例の茶器。

とある店で交渉の末、180リラから100リラへ落としたわけだけど、持ってる現金は
97リラ。その前にアイス3リラでを買ったからね~笑

それを言うとカードでも良いという。
コンナ信用のならんとこでカードは絶対に使いたくない。現金でしか払わん今97リラしか持ってないから、コレで買えんならいらん!
と断ったら、それで良いという。

なら・・・ということで、現金97リラを渡した。

すると3リラ足らん!と言い出す。

97リラでええと言うたやないかい!?

と押し問答になったけど、こっちもそれ以上払う気もなく・・・向こうが折れた。
そしたら~~

ダンナさんはどこ行った!?

ってダンナじゃないけど・・・苦笑・・・隣の店にいたパン君を捕まえて

俺のおじさんがAUSにいたことがあって、ここの中でカーペット屋をやってるんだ!
カーペット屋を見て行ってくれよ!!


と言い出す。パン君、意味がわからんちんなんだけど、一応ついていくことに・・・爆笑
その間、私はどうやって逃げ出そうか・・・と考えていたわけだな。
想像力豊かな頭の中は『新婚旅行で行ったカップルの嫁さんが更衣室からいなくなって行方不明』とか『南の島で新婚旅行の嫁さん殺害』とか・・・そんなことで頭がいっぱいになってるから

3リラごときで殺されたり、あんなことやこ~んなことされたりしないわよ!!

とね。爆爆。
そして着いたカーペット屋。茶器屋の兄ちゃん奥に入っていってなにやらその見せの店員と話をしてる。
ますますヤバイ感じになってきた。

トルコの習慣として、アップルティーを出しておしゃべりをする。らしく、アップルティーが私が買った同じような茶器で出てきた。パン君

コレ美味いなぁ~~

とのんきに飲んでるけど、もし睡眠薬が入ってたら~~と考えると飲めない私。いざの時はパン君はほって逃げる!?なんて悪魔な考えも浮んだりして・・・爆

しばし歓談してたんだけど、そろそろ逃げ時?と思って

まぁ~~タイヘン!バスの時間がぁ~~って誰がバスに乗ってきたんや??爆爆
あなたっ!こういうときは”夫婦”の前提があると便利よね!!もう時間よ!!さぁ~~行くわよ~

とわけわからんチンでになってるパン君を引きずって外へ出て、トンズラだぁ~~
いやはや、3リラをケチったおかげでえらい目にあってしまった。。。

とにかく、こうやって何事もなく無事に買い物も終えてバザールでござーるを出てきた私たち。
パン君はベルトとサマーセーター、ほかにも買ってたみたいだけど・・・私は茶器を購入。

画像


夕食には時間も早く荷物もあったので、まずホテルへ戻って、夜になると気温も下がるだろうから上着も持って、昼に歩いたときに興味があったベリーダンスを見せてくれるトルコ料理レストランへ行くことにした。

スペシャルコースがワイン1本&前菜メイン&デザート+コーヒー一人19ユーロ。まずますの値段!
これにベリーダンス付き。

トルコ風ディップの前菜。隣がギリシャのためかギリシャの前菜に似てるかな。
そしてメインは選べるんだけど、店の兄ちゃんお勧めの

ホントのケバブ。??

日本でもおなじみの、うすいナンのような生地に肉と野菜を巻いたあのケバブを想像するだろうけど、トルコ伝統のケバブというと素焼きのつぼに肉や野菜を入れ、火の中に直接くべて、煮込んだつぼ料理なんだって。

つぼに火が付いた状態で運んできます。

画像


それをひっくり返して、あらかじめ線が付いてるところを鉄の棒でコツコツ叩き~~

画像


その部分が割れて~~

画像


それを皿にもって出来上がり・・・とその写真がないがな!!
見た目も味もビーフシチューです。

昔はこんな風にいちいちつぼを割ってたわけではなく、普通につぼの口から注いでいたのだとか・・・
ってことは、これも観光用なんだわね。


そしてお待ちかねのベリーダンス。
プロではないと思うんだけど・・・ま、雰囲気は出てたんでいいか?

画像


見よ!この嬉しそうなパン君の表情! おっぱい星人のひげマスターも好きそうよね~~爆爆

私はこっちのエキスほうが~~~

画像


ウエイターの兄ちゃんでした。

ワイン1本空け、パン君はその上に超濃いスコッチ&コーク(日本的にコークハイ?)も飲んでたんで2人そろってヨッパ~でホテルへ帰りました。

明日は、いよいよトルコへ来た主目的の”ガリポリ半島慰霊ツアー”へ。

それに備えて、お休みでぇ~~す。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Ψ(ま`●´こ)Ψだぜ!!
2009年06月03日 12:21
とうとうトルコだね!
イスタンブールの人達はやっぱり他の都市の人達とちゃうと思ったけど、ガリポリではどうだったかしらん?レポ楽しみに待ってるわ!

王宮の宝物見る時間無かったみたいね。
残念!

ところで可愛いティーセットゲットおめ(*^ψψ^*)
それで飲んだチャイの感想は如何に(^¬^)ジュル...
かえる
2009年06月03日 12:33
>大阪の車の運転を10倍くらい悪くした感じ。

最悪やん(笑)。
みっちゃん
2009年06月03日 12:52

@Ψ(ま`●´こ)Ψちゃん

さすがはツアコン!よう知ってる。
トルコの国民性知ってゲッソリしたかも・・・

いろいろな観光地情報、行く前に聞けばよかったよ~~(TT)
王宮は前を通っただけで、写真もなし。苦笑

茶器セット。
飾ってるだけでまだ使ってないねん。(^^;)






@かえるちゃん

ホンマ、最悪っ!!
大阪の車のマナーがかいらしい思えた。(--)




piyo
2009年06月03日 13:53
うちの患者さんが最近トルコにいってきはった人がいててんけど、外国に行き慣れてるからすごく注意深く買い物とか行くらしいねんけど、それでも一か所でだまされたっていうてたわ。
気に入った指輪があって10万円くらいのものやったらしいねんけど、現金で払ってる間に包装をしてくれたらしいねんね。けど、ちょっと目を離した隙に偽物にかえられたらしい。
帰ってきてから見たらパッと見でもおもちゃやとわかるものにかえられてたんやて!!
トルコでは指輪とかを買うときは、その場で身につけて帰らなあかんで!って教えられたわ。
日本ではそんなこと絶対にないもんなぁ。
でも、人を信用できへん国って嫌やね~苦笑
ひげマスター
2009年06月03日 14:13
トルコは怖い国なんですねぇ。僕は絶対行かないでしょう。おっぱい星人としてベリーダンスに興味はありますが(笑)
みっちゃん
2009年06月03日 14:36

@Piyoちゃん

ほんまな、信用のならん国やで!!
その人、10万も出したん?
勿体ないなぁ~~
その10万もホンマの値段かどうかもわからんで・・・しかし、10万はめっちゃ痛いなぁ。(--)

金製品や宝石もいっぱいあったけど、どれもバッタもんに見えてな。笑
買う気にもならんかったよ。。。ま、ホンマもんでも買う気はなかったけど・・・笑

これから特にグランドバザールへ行く人は気をつけた方がええと思うわ。
このときも日本人観光客、ようけおったからなぁ~みなぼられてると思う。(--)








@マスター

マスターがトルコに行ったら・・・人が良いからすぐに騙されるかも??苦笑。

この写真ではおっぱいは見えないんですが、パン君のカメラで撮ったほうは、それはそれはたわわなおっぱいがぁ~~(^^;)
そのおっぱいに顔をうずめてる写真もあったりして!爆

マスターにも見せてあげたい!とこのねーちゃんのオッパイをみて思いました。わはは






さるる
2009年06月03日 17:24
トルコの絨毯屋は(o¬ω¬o)アヤシイよね~。「トルコで私も考えた」(高橋由佳里)が好きでそれにもトルコのグランバザールの怪しさは描いてあったわね。
でも、やっぱり1度は行ってみたい国だな~。ヨーロッパとアジアの融合した国だしね。
トルコ料理とギリシャ料理はそっくりだけどキプロスの問題もあるのでものすごく仲の悪い隣国同士だよね。
山羊座
2009年06月03日 20:39
そうか~

インドネシアも、バリ島までじゃない?
ボロブドールなんて最低だった!
パティックのハンカチ10枚1000円ってお土産売りつけていたけど、当時のルピアに換算したら、20000RPになるのよ。
そんな代物じゃないのに~
それを、22枚1000円にさせた、凄い大阪のオバチャンが居た!
山羊座には出来ないなぁ。(爆)

でも、スラウェシ島メナドの辺りは、とっても素朴でよかったわ。

もう、トルコに行くことなんか、山羊座には、ないでしょうねぇ
お話聞いてるだけで、可笑しいわ!
しゅんらん
2009年06月03日 22:09
なんたって高速道路の物売りには仰天!
これは思い出し笑いのネタになるな 笑

ケバブをサーブする怪しげなお兄ちゃんといい
トルコってかなり異文化だわ
みんながはまる理由を垣間見た感じ
ふぢ
2009年06月03日 22:25
トルコは親日の国やねんけどなぁ( ̄∇ ̄;)ハハハ
やっぱ国民性はあるかもね。
物売りには悪魔のみっちゃん仕様でないと日本人特有の優柔不断ではぼったくられるな。
因みに私の嫌いな国はお隣3国です( ̄m ̄*)プッ

パン君、スケベそう~~みっちゃんも~~(笑)
たまごっち
2009年06月04日 00:05
喋ったら帰れ!って言われる女代表ですが 何か?

ジュータン屋 絶対に怪しいよ。
ビシバシ言ってあったり前じゃ!!

みっちゃん
2009年06月04日 07:39

@さるるちゃん

ホンマ。怪しいでぇ~~笑
その怪しさがまたおもろい一つになるんやろうけどね。(^^;)

隣同士の国で中が悪いのは知ってるけど、料理はホンマよう似てた。笑
タパスやったっけ??前菜。
あれなんかまるっきり一緒で、違うところはパンをオーリブ油+バルサミコで食べんとこくらいかな~







@山羊座さん

実は昔、バリ商人にやられましたぁ~~~怒。
商人の根性を見るのはバリ島なんですが、国民性はね~~ジャワもどこもみな同じですわ。。。(--)

トルコの怪しさ。
今になると不思議と”面白い国やった!?”って思い出になっています。笑






みっちゃん
2009年06月04日 07:40

@しゅんらんちゃん

物売りにもびっくりだし、あの運転マナーの悪さにもびっくり!
合流口を間違えて、高速の路肩を堂々と逆走してる車を何台も見たし・・・・怖

ねーちゃんの顔も尻(笑)もトルコ人のタイプだと思われ~~一人で行ったらかなり危ないぞ!!笑







@ふぢねえ

親日なんやろうけどな~~~笑。

たしか、志摩沖で遭難したトルコの船の乗組員をものすごく手厚く葬った。って安乗灯台の碑に書いてあったような・・・そんなこともあって親日なんかもな。(^^)

パン君。もっとすけべそうな写真もあるねんで!爆笑






@たまごっちさん

私もどっちかといえばそっちで~~爆爆爆

怪しさ抜群のグランドバザール。苦笑
おもろい体験でした!!










ふぢ
2009年06月04日 08:52
エルトゥールル号の遭難で日本人に受けた恩があって、その後イラン・イラク戦争の時日本が飛行機出せなくて残ってた日本人を助けたのがトルコ政府だったりして歴史はあるのに日本はそれあんまし伝えないわね。

でも国民性は確かに・・・かも( ̄m ̄*)プッ
るびぃ
2009年06月04日 10:20
トルコは行きたい国のひとつです。

なかなか商魂たくましい国ですね
こっちもパワーがないと亘り合えませんね(笑)
みっちゃん
2009年06月04日 10:28

@ふぢねえ

そっか、そんなこともあったんや~
トルコって国。人情には厚いねんで!笑 ←今日の日記参照!

でもあの商魂がなぁ~~~いただけん。苦笑






@るびぃさん

面白い国ですよ!!(^^)
ただ、あのなんともうっとおしい押し売りな態度さえなければねぇ~もっといい国なんですが・・・とほほ