愛を持って踊れたのか???


それどころとちゃう!爆笑

ワルツとフォックストロットの振り付けを変えてるところで、ワルツは2週間ほど前に完成。
フォックストロットは最終ラインを作ってもらって昨日すべて完成!

今までやりにくかったところやどうしても出来なかった部分を総入れ替え。
ものすごく踊りやすく、流れもいいものに仕上がって気分は上々よ!

振り覚えをするのにバラバラで教えてもらってたから’愛を持って踊る’にはいたらなかったんだけど・・・
昨日、改めて気がついたことが~~~

うちの先生もジュンコ先生と同じで、インナーマッスルを思いっきり使うダンスを教えてくれてる。
ジュンコ先生ほど、骨や関節に詳しいわけではないけど、でも筋肉の使い方に関しては、長年の経験と勉強と鍛えてることがよくわかる先生のボディー。

先生のボディーを通して、筋肉の『伸び』を思いっきり感じさせてくれるわけね。

私はバレエでも良い先生についていて、昔から

正しい動きは体を痛めない!

ってことを中心に、運動生理学に基づいたレッスンを受け、自分の筋肉のコントロールの仕方をずっと習ってきた。
これはとってもあり難いことで、おかげさまで今でも意識するだけでどこの筋肉でも動かすことができるのね。

だからジュンコ先生の理論もロス先生の言うことも、出来ないなり←これが悲しいわね。(TT)に意味はわかって、なんとか出来るように~~と実践もしてるわけね。

それが・・・パンキチくん言い放ってくれました!

インナーマッスル』(奥の筋肉)と『アウターマッスル』(表面の筋肉)
の意味がわからん!と・・・・

インナーマッスルは簡単に言えば、おなかの中にある筋肉でここを上に引き上げることによって、つま先で立ったり、高いジャンプをしたり、自分の体重を上に引っ張りあげることのできる筋肉。

ダンスでもバレエもこの筋肉はとっても重要で、この引き上げの感覚がわかるとわからないでは全然ちがって来ると思う。

この引っ張りあげて伸ばして作るポーズとパンキチがやってる、体を捻って頭をそこに乗せるポーズとは、似ていて非なるもので・・・
ここのところをパンキチが全然わかっていなかった! ことが昨日発覚したわけよ!!

これには先生も唖然で、先生必死になってパンキチを女性役にして自分の中のインナーマッスルの伸びをパンキチに感じ取ってもらえるようにやってた。
パンキチも感じ取れるものがあったらしく・・・でもやっぱり自分の頭の中で否定してることがありあり。。。
なんで感じたことを試してみる!?ってことができないかなぁ・・・


そのあとも、振り付けを覚える速度も違う二人。
新しいステップは何もなく、一通り先生が踊ったあとについて踊ればできるはずなんだけど・・・

そこでパンキチ。
どうしてもできないステップが・・・・というか、それはフォーラウェイ・スリップピボットのスリップピボットと同じ原理のもので、男性左足に体重を置いておいて、右足をゆっくり引きつけ、最後に横に置いて右足に体重移動。

これが3カウントかけてライズしたまま右足を引き付けて、最後の1カウントで右足を横に置いて体重移動。って

そう難しいものなのか???って話。

ライズしたままゆっくりと右足を引くことが出来ないパンキチ。
私とのタイミングが合わずに私は引っ張られて・・・やつは出来ない。ということで怒るわけだ!!

オレについてこい!

ってね。付いていくもなにも、ステップが違ってきてる。
ヤツは右足を横ではなくて、後ろに引いてしまってることを指摘すると・・・また烈火のごとく怒り出す。
それと、ヒントとして2カウントかけながらゆっくりライズして、最後に横に・・・と言う私。ってか私が自分でそうやってるから。
それに対しては

おまえはカウントのみが大事なんだ!オレはまずステップを覚えてからそれからカウント。おまえとは覚えて方が違うし、習得のしかたがお前とは違う。おまえは全部カウント重要人間だろ!

と怒り出す始末。。。

音楽とカウントは自然と自分の中に入ってくるもので、自分で強いては考えたこともない私。
もちろん、初めての知らないステップに関しては、カウントと足型を考えながら踊ってるけど・・・

ステップを覚えるために、カウントも足型も両方一緒に一気に覚えるのは普通ではないのか??

まずは、カウントもステップの長さもなにも考えずに、足型だけ覚えるというパンキチ。

ははぁ~~~ん・・・それをするから、2拍分溜める(スロー)ステップと1拍(クイック)のカウント混じるものや、半拍(クイック&クイック)の混じるものが未だ持って上手くできないんだわ・・・・

ヤツにしてみれば、私はカウント最重要人間で、そればっかりを言うのが煩わしく、音楽に乗ることもそこへカウントを当てはめることもせず、とにかく『自分についてくればそれで良し!』というダンス理念を持っている。

私は、音楽は自然に体の中に入ってきて、そこにステップをはめ込み、音楽と一緒に踊りたい。
だから音楽を外されると、相手とのタイミングが合わずに全然踊れないんだわ・・・

というか、これが普通ではないのか!?

自慢じゃないが、自分が小さいころから音楽に乗って踊ることに苦労がしたことがないから、音楽を外す人間やカウントが取れない人間がいる。ということがわからないのよね。

だからどう教えていいのかもわからない・・・自分が苦労したことはいろいろな形で教えることはできるけど、苦労のしたことのない体に自然と入ってるものについては、その原理や理論さえわからんわけで・・・苦笑

でも、パンキチの音はずしの原因は、たぶんステップのカウントがわからず・・・というか、体に入ってないのが一番の原因なんじゃないかな・・・
だから、私がカウントを数えだすと怒るし、なら自分がカウントしたら・・・と言うとカウントは必要ない!付いて来ればいい!の一点張り!
とにかくカウントに対して、ものすごい嫌悪感を持ってるのは確かだわね~~~
これについては、私だけではどうしようもないわけで・・・


愛を持って踊る前に、こけた状態よ。。。。起き上がれるのか????









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふぢ
2010年06月07日 09:40
ジュンコ先生の最近の記事でもあったよな~パソでのただ胸張るのと開くのは違うとか。理屈ではわかっててもなかなか出来んけど( ̄∇ ̄;)ハハハ
パン吉はほんまに・・・頭堅いっつーか融通効かんつーか何様っつーか_ノフ○ グッタリ
オマエに付いて行ったら総崩れじゃー(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー やんなぁ(笑)
カウントとステップをバラバラにする方が難しいし後から入れるのなかなか困難ちゃうのん?フレキシブルそうじゃないパン吉には無理なんでは・・・。
人の意見聞けっつー話よね。パートナーあっての踊りなのに。このバカチンがぁ!とみっちゃんの代わりに怒っときましょう(笑)
山羊座
2010年06月07日 09:46
多分きっと!
パン君が山羊座の先生に付いたら(有り得ないことだけど)
きっと、小躍りして喜ぶだろうな~~
「カウントで、踊るんじゃない!」
幾度、言われた事か!

でも、それは…
男性に、無理やりくっついてくるんじゃないって言う、大前提がある。

男性は、方向とポジションを、提供するだけ。
それに対して女性は、音楽に合わせて、どういう華を咲かせるか…

きっと! 
それを言われたら、パン君、大混乱するだろうなぁ~~(大爆笑)
みっちゃん
2010年06月07日 10:03

@ふぢねえ

それ!
実は最近、胸を張りすぎてたことを認識してさ。肋骨を締めるほうへ転換させてる最中なんよ。笑
昨日ためしてみたけど、これ、やっぱりよう効く!(^0^)
私も、リチャードに言われたことを勘違いして、胸をあげるほうばっかりに気を取られててん。参った。(^^;)

カウントとステップ。
やっぱりバラバラな方が難しいやろ?
自分のやり方と違うとなんやら、わからんねんけど、やっぱり難しいやんな??

なんでそんな難しいことをするのか、意味がわからん!怒






@山羊ママ

ヤツの欠点は・・・自分に良いところだけをはしょって、正論にしてしまうところ。。。(--;)

だから山羊ママの先生の「カウントで、踊るんじゃない!」ってことだけを聞いて、その後のその肝心な部分を考えてない。ってね。苦笑

カウントは音楽の中でのカウント(ビートバリュー<拍数>)と、ステップを構成するためのカウントがある。と私は思っています。
ステップを覚えるときには、構成のカウント。踊るときにはリズムのカウントって使いわけるのかな??

ヤツの方が音楽性は絶対にあって、私はビート人間というか、メトロノーム人間?であることは確か・・・(^^;)

でも音楽のない練習のとき、メトロノームは役に立つんですが・・・そのあたりがヤツの頭にはないので、勝手に速さを変えては「付いて来い!」と抜かす。(--)

それを音楽が流れても自分が一番(苦笑)と思ってるんで、音楽の小節は無視して自分でテンポを変えていってしまう。。。
そうされると、どう踊っていいものやら・・・となってしまうわけです。とほほ~(TT)



ひげマスター
2010年06月07日 10:36
愛を持って踊るのに道のりは遠いようですね(笑)でもね、男性は一度に二つのことは出来ないと聞きます。カウントを撮りながら同時にステップをと言う器用なことは苦手なのです。どっちかに比重が多くなります。それではいけないとわかってはいるのですが・・長い眼で見てください。男性は劣勢遺伝で不器用なのです(笑)
しゅんらん
2010年06月07日 11:56
愛を持って立ち上がるのだ(笑
みっちゃん
2010年06月07日 12:29

@マスター

この道のりは果てしなく遠い~~~涙。

男性は2つのことを出来ない!?とは聞きますが・・・カウントを言いながら、ステップを踏めない。って・・・マスターもそうなんですか??

そういうもんなんですか~~~へぇ~~~(--;)





@しゅんらんちゃん

千里の道の一歩が出ん!!爆泣

愛を持って立つ上がるのね??(TT)





ペケ
2010年06月07日 12:44
衝突なしに意思の疎通はありえないんだし、
これからもこうやってスキルUPしていくって
覚悟キメるしかないんじゃない?愛か~トオイメ
かえる
2010年06月07日 12:57
インナーマッスルとアウターマッスルの違いがわからへんことに気がついたパン君。
たぶん、これから理解していこうとするはず。
そう祈ってます。
みっちゃん
2010年06月07日 13:12

@ぺけっち

私達の場合~衝突し過ぎのような気がするけど・・・涙

なにかこの根本的解決法をどうにかせねば!!(ーー;)




@かえるちゃん

あ~~~それはそうとも取れるな。
今までの先生の説明も、理解できてなかったようで・・・汗

そこがわかっただけでもちょっとは進歩やったんやろう。。。ってことにしておこう!(^^)





さりぃ☆
2010年06月07日 15:15
いろいろありつつまだパンくんとペアを組んでいたのね~。もう、それ自体愛がないとできないような。。。(笑)。
みっちゃん
2010年06月07日 15:40

@さりぃ☆ちゃん

あははは~~ホンマやな。
そっちの方でもうず~~~っと愛があるわな!!

2010年06月07日 18:21
パンさんの前に出れば愛なんて、、、さっぱり忘れてしまえそう。みっちゃん、何といっても辛抱の人だわーー。ダンスって奥が深いんですねー。
たまごっち
2010年06月07日 21:51
わからない事を素直に言えずに やり過ごしてきたツケが来ているね。

初心者と思うしかない。

みっちゃんが簡単に出来る物が出来ないのも 仕方ないパン吉は 別の人間AB型男だもんさ。

カウントじゃなく、曲のようにラリラ~とか パン吉の受け止め易い所から始めるしかないよね。

どうしてそう考えるのか、思考回路を理解したら パン吉流 上達への道 音楽編みたいなプログラムを先生と協力して作るとか。

チッサイ事から積み上げないと難しいよ。
好きな選曲で まず 行ってみるとかね。
主体は パン吉。

愛よ。愛。

これも愛だわよ~~~。
みっちゃん
2010年06月08日 06:18

@花さん

ダンスは人間修養!笑
ただ体を動かすとか以上のものがある。
ま、それが止められん一番の理由なんやけどね。(^^;)

これはソロダンスでは絶対に味わうことのないものやわ~いくつになっても修行よ。爆









@たまごっちさん

いやはや・・・ここまでか!?とね。(--)
完全に、基礎勉強をすることなく、感覚だけでやってきてるツケですわ~

音楽って前にまずはステップがキチンと入ることは必要かも・・・汗。
未だにTのオープンリバースがQQS,QQSで踊れない。全部Qで踊ってくれるやつですから・・・涙。

もう愛が底をつきそう~~~爆笑。