地震で生まれた心のつぶやき

ダンス仲間が教えてくれた動画。

これらは、Twitterでのつぶやきから生まれたようで・・・どれもこれもグッとくるものばかり。
中でも、故吉田茂首相の『防衛大学卒業生へ送る言葉』に超感動。

最後のGさまの優しい笑顔を「再建しましょう!」の勇気ある言葉にノックアウト!




私は高校時代から、自衛隊を日本がきちんと認めた国防のための軍隊に!!と思ってきた。

高校1年のときだったかな~社会の授業で国防についてのことをやったときのこと。
見事に日教組に洗脳されていたほとんどの生徒達は、自衛隊はいらない!とのたまったわけだ。(そのときは私もね)

先生:「じゃ、誰かが日本に攻めてきたときに、誰が守る??」

生徒:「アメリカ軍とか・・・」

先生:「アメリカから軍が来るまでの間はやられっぱなしなのか??」

生徒:「核爆弾が使われたら、すぐに終わるのでは??」

先生:「そんなに早くから核兵器は使われないよ。使ったら世界が終わることはみなが知ってるからね。もしアメリカ軍が来てくれなかったら・・・やられっぱなしなのか??それとも、おまえらが戦うのか??」
生徒:「・・・・」


こんなやりとりがあったのよね。これ、日教組が関わる公立校でやったら大問題になっただ授業だったけど、私が通ってた高校は、皇族らの行幸も過去にあったし朝礼のときには、毎回

日本国旗に礼!!学院長に礼!!」

という、日教組の連中がいたらひっくり返りそうなことをしてた、右よりな学校だったんでできた授業だったと思う。
この授業を期に私の考えが180度変換したんだわ。

他国を攻める軍隊はいらんけど、独立国家でいるために国を守る軍隊(Difence Force)は必要だ!!ってね。

中学時代の友達に元自衛官がいるんだけど・・・彼は家族のために、誇りを持ってた自衛官という職業を捨てなくてはいけなかったのね。
そのことに対するやるせなさと、失望にイキイキと生きることをすでに諦めてしまった彼の人生。
最後は自分で選んだことなんだけど・・・あまりにもやるせない。

自衛官自身は、自ら志願してるから意思は固い。どんな中傷があっても耐えて、故吉田茂の言葉にあるように、報われることはなくとも職務をまっとうしてるはず。

でも家族は・・・そういう風潮に耐えれない人もいるわよね・・・
有事には、日本を守るために前線で身を挺して守ってくれる者に対して、どうして肩身の狭い思いをさせなくてはいけないのか??
危険や重責を負う任務に対して、それに見合った報酬を受け取っていないとも思う。
それでも、今回のようなときに一生懸命働いてる姿を見て、自衛隊反対派の人間の胸にはなにも響かないんだろうか・・・

軍事国家にせよ!と言ってるわけではなく、あくまでも国を国民を守る。って位置付けで認めることは出来ないんだろうか・・・

今回のこの震災での出来事で、何かが変わっていくのでは??と思ってる。




そして、これは英語のもの。
内容が少し違ってるので、ぜひ見て欲しい。




英語が苦手な人のために~~~日本語版にはないものを紹介。


<避難袋の話>

避難袋の中身を見たら、40年前に父親の書いた手紙が入っていた。

「心に太陽を!唇には歌を!」

新しい避難袋に手紙を入れよう。それを見た人が元気になるように!!



<イスラエル人とパレスチナ人>

イスラエル人がヘブライ語でなにかボクに言ってきた。
ボクには彼が何を言ってるのか全然わからなかった。

友達のパレスチナ人が
「日本は大丈夫か??一生懸命お祈りしてるよ。」
と言ってるのだ。と通訳してくれた。

そしてイスラエル人とパレスチナ人は、微笑みながら握手をした。
ボクは涙がこぼれた。



<自衛官の話>

救助任務にあたってる夫にメールをした。
よく眠れてないのでは???と思ったから。

「大丈夫??無理しないでね!!」

夫からの返信は

「自衛官をみくびるらんとってな!
今頑張らんで、いつ頑張るんや??
言葉に気をつけてーな。」 ←標準語だとキツイ感じがしたのであえて大阪弁で。笑

彼らは精神的、肉体的にとってもタフなのだ!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さるる
2011年04月04日 09:38
日本は戦後「武器を持たない」とアメリカに言わされてきた国だから。
でも、武器が無かったら某国がミサイル打って来ても、撃墜も出来ないよね。
だから、守るための軍隊は必要だと思う。
それに、災害時には活躍してくれるしね。
オーストラリアは軍の他にリザーブアーミーもいるからいざと言う時にはその人たちも駆り出されることができる体制を整えてる。丸腰では何も出来ないってことは誰にでも分かる。
スイスは永世中立国、誰の手も借りずに自分達が国を守る、それは国民全員が兵隊になりうると言うこと。知り合いのスイス人は兵役も済ませて、それでも毎年訓練もしてるって言ってたよ。家には銃があるって。普通の人だけどね。
山羊座
2011年04月04日 10:34
その、自衛隊の活躍は…
被災者にとっては、神の存在に感じたのではないかしら。
地獄で仏!

国を守ることを、心に刻み込んだ彼らが有ってこそですね!

吉田茂の言葉!
新聞で読んで、覚えてますよ。
随分、残酷な言葉だと、その時は思いましたが…
今は重い言葉として、受け止められます。

それにしても…
吉田茂のような政治家が、居ないんだなぁ~!!
今の日本には!
ピノ♪
2011年04月04日 10:47
私もなぜ日本はスイスのように中立国にならなかったのか疑問なのよね。やっぱり進駐軍の意向や当時の近隣国との絡みもあったんだろうけど。
私の友人にも夫婦で海自のカップルが居るけど、彼らは自分の仕事に誇りを持って身体鍛えてた(笑)。

全然違う角度だけど札幌雪祭りだって元々は雪の処分&自衛隊の訓練を兼ね始まったのよね。それがあれだけのイベントで毎年楽しみにされるようになったのって凄くない?
ひげマスター
2011年04月04日 10:57
僕も自国を守る軍隊は必要だと思います。戦争を起こすのは政治の問題であって、軍隊は誇りと愛国心で有事にそなえ、いつも訓練と体力作りに励んでいますからね。もっと言えば徴兵制も必要だと思います。若い時期に組織と自分の活動の意味を知ることって、すごく重要だと思います。日本はそれが無いから戦争の怖さを知らない若者が多いし、生きていることの大事さも知らない若者が増えているような気がします。
みっちゃん
2011年04月04日 16:06

@さるるちゃん

この授業のときに知ったけど、スイスは永世中立を守るために相当な軍事費を割き、核シェルターも完備、山は要塞を隠し、国民は兵隊になり。。。ってね。

独立国家に国防ができない軍隊があることがおかしいことであって、人様に守ってもらおう!ってのがそもそもあかんのよね。(--)

アメリカさんからしてみれば、大和魂の軍事力が怖いこともあって、それを禁じてるわけだけど、そろそろそういうのも見直さないといけない情勢になってきてると思う。




@山羊ママ

さすがにまだ生まれる前だったので、この言葉は今回、初めて知りました。

なんと深い言葉でしょうね~今まさにこの言葉そのもののことが起きていて、みなの感謝と畏敬の念と。。。
残念なのかもしれないですが、いろいろことをもう一度振り返って考えなければならない時期なんだと思います。







@ピノ♪ちゃん

アメリカさんの意思だわね。苦笑
強大でカミカゼ精神の軍事力はいらんけど、なにかあったときに使わなくてはいけないから、それなりに力を持たせよう。ッて思惑やったんやろうね。苦笑

自衛官自体はものすごい精神力(でないと持たんやろ・・・^^;)なのはわかる。

今回のことで、考え直すことができればいいなぁ~と切に思ってしまうわ。



@マスター

徴兵制。
この問題とセットのように、ちょこちょこと出てくる言葉ですよね~(^^;)

私も愛国心だけでなく、忍耐や根性を付けるために兵役もあってもいいのでは?とも思ったりもします。
そうすると『草食男子』なんてのもいなくなるのかな~??笑

小町
2011年04月04日 18:08
私も中学の頃からず~~っと、(中立国なら、何でスイスみたいに軍隊を持てばいいのに。
なんで自分たちの国を守るための軍隊を持たないんだろう?)って、疑問に思っていた。

小学生の頃は・・・立川基地横田基地が川向こうにあって、校舎が新築になったときに窓が二重窓にされたとか、近所の薬局の奥さんが米兵と出来ちゃったとか、私が生まれたころは進駐軍のタンクが家の前の道路を走っていたとか・・で、進駐軍が近くにいるのが当たり前やった。

みっちゃん
2011年04月05日 06:16

@小町ねーさん

独立国で、正式に認証された軍隊を持たない国は日本だけかと・・・(--)

要請を受けて、海外へ行くときに”丸腰!!”ってのもありえない!怒
何屋さん(何国人??)が先導してるのかは知らんけど、反対ばっかりをあげる人の本当の意見を聞いてみたいです。


ダーウィンにいたころは、街が小町ねーさんの子供のころのような感じでしたよ。笑
すべての軍の基地がありましたからね~凛々しい人が多かったかも。(^0^)



Mini
2011年04月05日 08:16
 これだけ発達しいて、経済の悪化が自国だけの問題では無い程、本来ならばもっと威厳があってもいい筈の国日本。
 何故だか妙に影が薄いのは、やはり自分の国を自分で守れないという弱さ、からなのでしょうか。。。だって、国民が「何かがあったら別の国が守ってくれる」って当たり前のように思ってるってある意味恐ろしいですよね。
 
 私も日本に居る時は気が付かなかった色々な事、特に日本人のアメリカ崇拝に関しては、例えば英語は米語が本当の英語、アメリカ人の自己主張の強さが仕事のできる証、アメリカってなんだかカッコイイ 等など、実はそう思わされてたんだなって思いました。
 私達のようにダンスをしてる人間からすれば、アメリカのエンターテイメントの質の高さは確かに凄いと思います。
 でも、私は日本人でありながら、「日本人ってさぁ~」と言う人達に言いたいです。日本人だってカッコイイよ!って。
 
 今回の震災で日本に居る友人や母親が何となく変わったのを感じました。自分にとって大切なものがハッキリして、今生きている事、食べられる事に感謝の気持ちを持っていました。
 そして、このYoutubeのビデオを観て、日本はきっと研ぎ澄まされ、逞しくなって復興するだろうなって思いました。
 私も前に進まなきゃ、気が付いたら日本の皆に置いてきぼり食っちゃいそうです
みっちゃん
2011年04月05日 09:19

@Miniちゃん

OZに感化されてるわけではないけど(笑)私はアメリカは好きではないのよね。
なんでも自分は一番!ってのが気に食わん(爆)し、利害のためにはなんでもする!みたいなのも気に食わんしね。

今まで・・・海外から日本を見たときに、あまりの平和ボケと愛国心のなさに『日本人は・・・』なんて私も思ってたけど、今回のことで見直した!(^0^)

まだまだ日本人捨てたもんじゃない!
特に今の若者。見直したわ~
中年とか熟年世代が一番情けないのかもしれんね。苦笑


アスリート
2011年04月05日 19:52
>私は高校時代から、自衛隊を日本がきちんと認>めた国防のための軍隊に!!と思ってきた。
 ナンダか話が合いそうヽ(^。^)ノ
ちなみに、防衛大学は精確には『防衛大学校』文部科学省所管ではないからねっ、防衛省所管だからね~ぇえ。最近は学位も授与されるようになった。良かった・よかった・ヨカッタ。。。ヽ(^。^)ノ

みっちゃん
2011年04月06日 06:36

@DSアスリートさん

ふふふ~高校時代から上に書いてあるとおり考えです。
私のケースを見ても、教えたり、強制するんじゃなくて『いかに考えさせるが大事か?』ってのがわかりますよね~
この授業を受けても変わらない人間はかわりませんでしたが・・・笑
でも自分で何が必要なのか??ってことを考えるということは植えつけたのかも。

先の戦争も考えるべきところは数々ありますが、日本のために英霊となられたみなさまには感謝と尊敬をいつもしています。(^0^)