アイロンバーク・生活編

昨日は、朝一番から、娘っこを迎えにアイロンバークまで行っておりました。
高速を飛ばすこと、2時間・・・

カーナビは、あまりに田舎過ぎるのかそんな場所ない!って言うてくるし・・・なんもならんやんか!どあほっ

仕方がないので、Nonちゃんの住む町(そこはあった。笑)の手前にあるんで、まずはNonちゃんの街を目指して一路、アイロンバーク近辺へ。
それからは、学校からもらった冊子の裏に書いてある地図を頼りにアイロンバークへ。

どこからともなく集まってきた車が全部で6台つらなって、校内へ入っていく。

入り口には、女子が全員集まって、親の車が来るかと首を長くしていたよう~
100mほど手前の曲がり角で、庶民な車のマーチくん(笑)が見えたので、すぐに娘っこは私が来たっ!とわかったそう。
みなでかい四駆や立派なお車ばっかりで・・・1台ポルシェがおりましたわ。ひぇ~

そして、ひさしぶりに娘っことご対面!ハグハグ

長距離の高速運転だったんで、しばらくエンジンをかけっぱなしにしてたんだけど、その車の中に流れていた、娘の大好きな遊助のCDを聞いたとたんに、娘っこ大泣き
一気に溢れるものがあったようね。

そのあと、大体の親が揃ったところでアイロンバーク内を見学。
まずは

画像


木々の中にある女子生活棟

画像


18人収容の2段ベッドと個人のクローゼットがある寝室。人数がそれ以上の場合は、別棟がある。
今回は女子が25人だったので、別棟も使ったそう。

次のチームのために掃除完了。トイレもベッドルームもぴかぴかでした。

そして台所&食堂。
例の蒔ストーブ爆破事件(爆)があったので、電気に変わったと思い込んでたんだけど・・・やっぱり昔ながらの伝統を重んじているようで~

画像


娘っこ曰く、

火つけるの得意になった!

ついでに別棟の男子のほうも・・・爆破事件があったはずのオーブンは・・・元どおり!?それとも新しくて古いストーブ??爆

画像


こんなかまど?で料理を作れるのはすごいなぁ~と感心!
そのあと、男女の寮の間にある

ベークハウスへ。

画像


ここはオーブン料理やパンやケーキを焼くときに利用してたらしい。
もちろん電気やガスではなく、蒔!!

画像


すげぇ~~~~~まるで戦前の生活??
そうそう、テレビくらいあると思ってたら~~~テレビもラジオもない生活だったそう。


生活棟を見学後は、モーニングティーを用意してくれてる場所へ。

画像


ケーキやクッキーに使われてるバターや卵はもちろん、ここで取れたもの使用。
感動の味だったのは、すべて手作りのフェタチーズ。美味じゃぁ~~~

農業や牧畜体験以外にも、生徒たちには仕事があって、なにかひとつ大きなものを仕上げていくそう。
この集会場も1999年にアイロンバークへ来た生徒手作りのもの。
基礎工事から、棟上やすべてを生徒がやってる写真が飾ってあった。

モーニングティーで歓談のあとは、チャペルへ。

画像


野外劇場でした~~~爆笑。

画像


そこで、祈りや感謝の言葉が述べられ、子供達からの報告。

この5週間での”得たもの!

『自立』

『我慢強さ』

『負けない心』

『友との協力』


なんてことをしっかりと学んだようね。

最初のころ、掃除から家事まですべて自分達ですることへの戸惑いや、不慣れでどうにもならなかったことなどなど、いかに自分達が守られ、甘やかされてきたのか?がわかった様子。

トイレ掃除も洗濯も料理も、家のことをし慣れてる娘っこにとっては、まったくなにも変わらない日常であったようだけど・・・さすがにプリンセス&プリンス教育で育てられてるほかの子たちには相当なギャップやショックもあったようで・・・

スタッフたちにも、うるさいけど。汗なんでも家事ができて、よく仕事を頑張った。とみなに褒められてました。でかした!娘っこ!!

その後は”アイロンバークの卒業式

駆けつけた校長から、各自にアイロンバーク終了証書が渡されました。

各グループなにかモノを作り上げる。ってのでは、
この教会の階段を娘っこたちのグループが作ったんだって。

それで、その記念の刻印!

画像


9年C組、D組。2011年。 って意味ね。

そのあとはスタッフとのお別れハグ会。

画像


涙がちょちょ切れてる子もいるけど・・・娘っこは始終笑顔でした。

その後、ピクニックランチ持参でお弁当の時間。

画像


リクエストの炊き込みご飯に、卵焼きにからあげに煮物などなど、色合いはちょっとあれだけどね。
超和風のお弁当。 お吸い物やお茶のパックも用意して、いただきまぁ~す。

ランチのあとは、自由にアイロンバークの中を見学。

簡単なものを想像してた私。その規模にビックリ唖然!!

とにかく広大な敷地の中に点在する、厩舎や鳥小屋。
そこへ行くまでの間に山羊発見!笑

画像


厩舎。馬が10頭はいた。
立派な馬場もあったし~それらも、生徒たちの手作り。

画像


鳥小屋。

画像


ここのは卵取り用で、食用は違う小屋にいた。ちょこちょこいなくなっていく。らしい・・・

もちろん、豚もいるわよ!!

画像


外にいたのは2匹だけど、小屋の中にはいっぱいいるらしい。
妊娠中の豚が産気づいてたみたい・・・笑
最後の夜は・・・やっぱり豚1匹丸焼きだったそう。

そして可愛いのもいるわけで・・・羊さんたち。

画像


3日前に生まれたのは母子で産室にいた。

画像


かわいい~~~

もちろん牛さんも~~~~

画像


この牛さんは、赤ちゃん牛。大人の牛は牛舎にいます。

とにかく、すべてがホントの牧場並み!!
これだけ家畜がいて、畑があると仕事の量もバカにならん。

みんな、大農家や牧場にすぐ嫁にいけるな!!

と私の感想。笑

これだけの仕事をこなすために、生活棟からは常に駆け足。しんどぉ~
娘っこがちょっとスリムになったのもわかる仕事量。

馬や牛、羊さんたちのう○こにも動じることもなく・・・素晴らしい成長に感動の母!!

最後に、蒔き割りまで見せてくれました。

画像


トリャァ~~~

蒔き割りは男の仕事?と思ってたら、そこは男女平等!
女の子もちゃんとするそうで・・・

力持ちの娘っこ。めっちゃ上手に蒔き割りをしておりました。
すごいわ!!

一通りの日々の生活を見て回った感想は・・・

すごい

もう、これしか感想が出てこないわ~~


明日は、行軍&サバイバル編。こっちもアーミーもビックリ!!な内容~~~~乞うご期待!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ないやん
2011年07月03日 11:14
男子、女子共に元々ストーブはベーグハウスのようなんが外に設置してあって中は焚き火スペースやった。食事もベランダにテーブル出してたし
なぜ中にストーブ置いたか、、、焚き火がいつしかキャンプファイアーになり室内温度40度近く、近寄れない、中に戻れない、危うく火事ってのがまぁ多々あって対策取ったと思われ

もちろんベーグハウスのようなストーブは爆破

@チャペルに続く橋作ったの俺らね

@撒き割りも柵なかったんやけど一人俺の前のクラスのヤツが指チョンパしたんで一人づつしか入れないよう工夫したと思われ

@力で割ると腰やら腕痛めるから持つ手の根から柄までの移動と遠心力でかち割るだから女子でもおk

結構変わってるみたいやけど懐かしかったわ
ピノ♪
2011年07月03日 11:16
いいなー楽しそう。日本の修学旅行もこんな感じにしたらいいのにねー。あれじゃ普通の物見遊山の旅行と変わりない。
オーストラリアに修学旅行に来る学校も、ホームステイだとかファームステイを取り入れては居るものの表面的な異文化体験ってだけで、短期というせいもあるけど子供達の身についてるとは思えない(100人居たら1人がその後の人生に影響するくらいじゃないかなー?海外の大学への留学を目指すとか)。
娘さん一生の思い出が出来たねー♪
ふぢ
2011年07月03日 11:26
すごい内容だわね~すぐに農家に嫁に行けるぞ!(笑)
しかしカーナビもそんな場所ないって( ̄m ̄*)プッ
地図にない場所なのかしら。カーナビない人どないすんねんってそんな車乗ってる親はおらんか( ̄∇ ̄;)ハハハ
貴重な体験やな~次の話が楽しみやわ♪
みっちゃん
2011年07月03日 11:30

@ないやん

外のスペースも今もあったわ。
そこはシンクと蒔ストーブがあったで。
あんたらのときは、その場所にこのオーブンがあったんやな。(^^;)

あの橋。
上手に出来てた!年数みんかったけど、あんたら作やったんやな。

蒔き割り場。
2006年やったかの子ら作になってたで。

それとスタッフに1年上のオリンピックスイマーの子。その子がおって、話したよ。(^^)

ベークハウスもちゃんと小屋になってるしな。
毎年、何個かずつ作っていくもんが増えてるから、だいぶん変わったんちゃうかな。

でも2時間で行けたし、近くにキャンプ場とかもあるから今度、一緒に行こう!(^0^)






@ピノ♪ちゃん

この研修は、ホンマにホンマの農場体験!
私、絶対に一緒のことようせんわ~苦笑

いまどきの子がこの体験をしたら・・・人生観が変わるのもわかる。
それはそれはすごい体験なんよ。

それは明日書く予定。
ほんまにすごいねん・・・・呆


みっちゃん
2011年07月03日 11:38

@ふぢねえ

愛の同時れすぅ~(^0^)

ホンマな、カーナビに『ない!』言われたときはどうする??って焦ったで。爆
『このぉ~役立たずがぁ!!』って放り投げそうになったで。(--)

いやはや、ホンマすぐに大農場に嫁にいける内容やで。爆爆

本気も本気の仕事量。
私でも、あの仕事は出来ん・・・(^^;)
子供達を尊敬するわ。

2011年07月03日 12:03
本当にすごい の一言です。
すごい経験できましたね。さすが私立の教育!
さるる
2011年07月03日 12:47
アカン、鶏とか豚をつぶすって考えたら~~。
トラウマが~。
すごい環境だよね~。
学校の考え方もすごい。
よくドキュメンタリーでトラブルキッズがキャンプに放り込まれて変わっていくっていうのをやってるけど、それと似てるよね。
甘やかされたOZにはいい経験だと思うわよね。
Non
2011年07月03日 13:27
よ~やった~娘っこ。日本のCD聞いて涙がでたなんて、おばちゃんまで感動で涙
薪割りも動物さんの世界もみんな農家の子には慣れ慣れやけど、掃除洗濯などちゃんとしてる子は少ないと思うわ、うちのはまったく何にもせんからまったく困る。できることなら、放り込んで特訓していただきたい。その羊さんは普通の羊さんより高いやつやつやと思うわ。前の農家のおっちゃんが結構高い羊を今度買ったけど、よ~飛ぶからゲート閉めとくって言ってたときの羊さんに似ている。
Non
2011年07月03日 13:27
よ~やった~娘っこ。日本のCD聞いて涙がでたなんて、おばちゃんまで感動で涙
薪割りも動物さんの世界もみんな農家の子には慣れ慣れやけど、掃除洗濯などちゃんとしてる子は少ないと思うわ、うちのはまったく何にもせんからまったく困る。できることなら、放り込んで特訓していただきたい。その羊さんは普通の羊さんより高いやつやつやと思うわ。前の農家のおっちゃんが結構高い羊を今度買ったけど、よ~飛ぶからゲート閉めとくって言ってたときの羊さんに似ている。
山羊座
2011年07月03日 14:41
そうなんだよね~~
今の時代の子に、この経験は貴重だわ!

日本の子がキャンプに行くっていても、私のような前時代人間からしたら…
観光旅行としか思えないもの!
それも長くって、4泊5日くらい、長くて1週間よ!

AUSみたいに広大な土地があって、出来ることなのかもしれないけど、日本にもこんな経験できる子どもが居て欲しいなぁ~

感受性の一番豊かな、この世代に、どんなに素晴らしい経験だったことだろう~

バァちゃんは、うっとりとそんな経験に憧れているのだよ~~(笑)
keikei
2011年07月03日 15:18
無事 終了 お疲れさんでした!
いい経験だと思うわ。
写真いっぱいで、すごくイメージ沸いて、おもしろかった。

日清食品の新人研修がこんな感じ。
何日か忘れたけど 無人島へ ポンと置いてけぼりになるらしい。
かえる
2011年07月03日 16:03
娘っち、素敵なレディーになったんやね。
日本でもこんな研修があれば、もうちょっと根性のある社会人が増えると思うねんけどー。
ピノ♪
2011年07月03日 16:04
思い出したけど英の王子2人も高校生の時にジロングのグラマースクールに留学してたよね?確かそのハイスクールで実施されている伝統的な体験学習(娘さんのアイロンバークと一緒)のためという記憶があるんだけど・・・。
こういった研修ってオーストラリアの学校の伝統なのかなー?
みっちゃん
2011年07月03日 16:40

@花さん

このカリキュラムはブリではこの学校だけやと思う。
もうね、ダンナさんも真っ青のカリキュラムが明日書く分よ。ぜひぜひ翻訳してあげて。
ホンマにッビックリする内容よん。(^^;)




@さるるちゃん

専門のスタッフ(ダッシュ村の三瓶のおっちゃんみたいな~。笑)がおるみたいやで。さすがに生徒にそれは酷やもんね。汗

うちの子は生活面ではたいがい厳しく育ってる(OZに比べれば)けど、さすがにこのサバイバルな環境は私はパス。爆

今日1日、見てるけど・・・なんかすごく大人になった娘っこよ。(^0^)




@Nonちゃん

大牧場の子もこの学校の生徒に多いからなぁ~
そういう子には変わりのない日常やろうけど、さすがに都会の子にこの生活はものすごいギャップやったと思う。苦笑

羊さんのことよ~知ってるなぁ。爆爆
なんか知らんけど、この羊さんも肉になるらしいよ。涙
ウールを取るのには向いてないんやって。
うちの娘も今はよ~勉強できてるで。爆爆


みっちゃん
2011年07月03日 17:16

@山羊ママ

これはまだ序の口の序の口でね!汗

もう明日書こうと思ってる分は、私には絶対にマネの出来ないことで・・・子供たちを大尊敬してしまいました。(^^;)

この時期にこの体験。
みな人生観が変わるのも納得!
今の子に一番必要なものなのかも・・・






@けいけい

明日書くサバイバルの様子がそんな感じ。(^^;)
コンパス片手に八甲田山?爆

涙と汗の物語があったようで~お楽しみに!(^0^)





@かえるちゃん

大人でも真似のできん体験をしてきたようでね。
しっかりとした大人になって帰ってきたよ。(^0^)







@ピノ♪ちゃん

AUSの教育の特色なんやろうか??
ブリ界隈では、この学校だけやけどね。
でもどの学校にも取り入れて欲しいカリキュラムやと思うよ。
こういう体験が学生時代にあれば、甘えて働かんニートとかが減ると思われ~苦笑



おじさん
2011年07月03日 18:21
やっぱ 写真があると、良く解るネェ~
AUSの学校の雰囲気が 解りますヨ~

おじさんは、mixiで 写真は(もちろん動画も)
使った事が 無いのじゃ~~~(笑)
だって デジカメは もちろん、携帯電話も
持って無いから 写せない。(爆)
ケラ
2011年07月03日 18:57
これこれ、こうゆう事が、子供達にとって大切な経験なのよね~。我が子供達はとうにオッサンになってしまってるけど、孫に期待と夢を掛けて、将来の参考にすべく興味津々じっくり読んで・・・ナビゲーターがみっちゃんだから、軽いタッチで楽しい~~~。
娘ッコちゃん、頑張ったね~~~。
ds
2011年07月03日 20:24

『友との協力』が一番かな?
大きく成長したことだろうね、この経験は彼女の今後の人生に大いに役にたつね。
おめでとう(^O^)/。
しゅんらん
2011年07月03日 23:01
若い時にこういう経験ができるのは素晴らしいこと
おばちゃんも参加したいんやけど~?爆
たまごっち
2011年07月03日 23:28
逃げ出せない状況で 生きる為に働く意味を身体で理解したんだろうね。

頑張ったから涙が出ちゃったんだよ。
貴重な体験だわ。

お疲れ様でした。
みっちゃん
2011年07月04日 06:22

@おじさん

ちょっとこのカリキュラムは特殊ですが・・・笑

デジカメは現像の手間もなく、都合の悪い(笑)写真は消せるし、ブログにUPやメール添付も簡単で言うことなし。(^0^)

おじさんもぜひぜひ!





@ケラさん

少々キツイ??と思う部分もありですが、それをやり遂げる子供達の素晴らしいこと!
百聞は一見にしかず!
行ってみて、驚いたことばかりでした。(^^;)

人生のいい指針となる出来事だったと思います。(^0^)




@DSさん

なんだか逞しく成長していました。(^0^)

娘のグループに、ちょっと問題のある子がいたので、苦労をしたようですが、またそれもいい経験。(^^;)
素晴らしい体験をしたようです。







@しゅんらんちゃん

私は・・・体力がついていかん!
あ、ねーさんやったらいけるわ。爆爆

とにかくスゴイ!としか言えん体験をしてるねん。






@たまごっちさん

テレビもなく、歌を聞くこともなく、ホント昔の生活をしながら、ひたすら仕事やサバイバルでしたからね~さすがに来るものがあったと思われます。(^-^)

一回りももっとも大きくなって帰ってきました。この学校を選んで良かった!(^0^)