アイロンバーク・サバイバル編


さてさてお待たせ、サバイバル編ですが~~~

このアイロンバークの研修では、農場や牧場研修のほかにもっと大事なメインイベントがあってね。
それが前にも書いた4日間のハイク(行軍。笑)とサバイバル体験&単独24時間キャンプ(実際は26時間だったそう。苦笑)

このハイクの内容がものすごいの!

もう軍隊も真っ青の内容・・・実際、パンキチ(若いころに6年間の軍人経験あり)に話したら~信じられん! といいながらも、いまの若いものには必要なことやな!などと一人納得してたりして~

3泊4日のハイクの内容は・・・単なる山登りとかハイキングじゃなくて、ホントに軍隊の訓練??なのよ。

まずは、8人一組になり、4日分の食料や、水(3L)や調理用品、寝袋や夜に寝床に張る天幕?などを持つ。その荷物の重量15~20キロほど。

画像


↑親に見せるように天幕が張ってあった。汗

子供の体重によってその重量が変わるようだけど、これは歩く以外に相当にキツイことだと思う。
実際、自衛隊やアーミーの訓練では50キロほど背負って5日間の行軍に行く。ってのがあるものね・・・


全行程57キロ
アイロンバークから、国立公園をぐるっと一回り。

1日ごとにゴールが決められていて(パリダカ形式?笑)1組ごとに15分の時間差をつけて出発。
コンパスで方位を確かめながら、獣道を8人で進む。

水だけは、スタッフからゴール地点で各自補給があるらしいんだけど、ほかは一切助けはなし。

もし緊急事態が発生した場合は、トランシーバーで応援要請。
でもスタッフも徒歩で助けに来るらしいけど、めっちゃ早いらしいよ。
さすが、サバイバルの精鋭特殊部隊!?爆

1日目は、アイロンバークから16キロ地点がゴール。

でもコンパスの扱いに慣れてなかったのもあったのか、3キロほど迷って夜に到着。
その間、急勾配の坂道あり山道ありで、全員泣きながらの行軍だったそう。

で、娘っこのチームには、ちょっとメンタル?健康上に問題あり??
な子がいて、2度も意識を失って倒れて、娘っこたちグループはパニック!!
最終的にスタッフに助けを呼び、その子は戦線離脱。
アイロンバークへ帰っていったのだとか・・・

この女の子。
ちょっとドラマクィーン(かまってもらいたいので、話を作る)で、5週間の間、いろいろ困らせることをやりとおしたらしい・・・お疲れさん!



そんなアクシデントに見舞われながらも頑張る娘っこチーム。

ゴールに着かない限り休むことは許されず、夜の帳が下りても歩き続け、そんんなときは、頭につけたライトがお役立ち!!
鉱山の男??のような格好の乙女たち。

そんな行軍には、トイレはもちろんなく・・・野ぐ○に野しょ○べん。

うら若き乙女がシャワーも浴びることなく、トイレも自然の中に穴を掘って、この4日間の行軍のときには、トイレットペーパー持ちだったそうだけど、その後のサバイバルのときには、葉っぱで拭いたのだとか・・・

そのままぺっぺと切って、自然乾燥させればよかったのに・・・

という私に

いや、そのままやと違和感がある!葉っぱでシュっと拭くねん。

ときっぱり。爆笑!
このたくましさは何なのかしら??

夜にトイレに行くのは、怖いし暗いし・・・ってことで、みな寝てるすぐ近くで用を足すもんだから、朝になるとその辺にトイレットパーパーがいっぱい散らばってたとか・・・

最初泣きながら歩いていた子供達も、だんだんと強くなり、道に迷ってもアーミーでも使ってるらしい“呼び声”を頼りに仲間へ呼びかけたり、それはそれは濃い4日間だったようです。


こんな常人では耐えれんような経験を14歳や15歳でしてる子供たち。
その後のサバイバル訓練では、

「飛行機が不時着した。3日間自分達で生き延びるつもりで~」

というシナリオの元、これまたグループワークで乗り切った子供達。
そして、その集大成として、24時間(実際は26時間だったらしい)の単独サバイバル敢行。

画像


↑サバイバルのときの持ち物の一部。丸い金物は簡易コンロ。


アイロンバークの敷地に、隣の人間と最低100m以上間隔を取っての単独キャンプ。

寝袋と冬装束。それでも相当寒かったはず。
ちょうどその時期、一気に寒くなって氷点下だった日もあったと思う。
幸い、雨には降られずに済んだのがラッキーだったかも。

パンキチ。
氷点下の訓練を体験してるんで

子供にそんな無茶な・・・大丈夫か??

なんて心配もしてくれたりしてね。
寒い中のサバイバル訓練は、訓練されたアーミーでも辛かったそうな・・・

それでも、荷物に持って行かせてたユニクロの超薄薄ダウンジャケットと、もこもこフリースの着ぐるみ型のつなぎと冬用の寝袋のおかげで温かい夜を過ごせたようでなにより!寒いのが一番辛いもんね。

でも、キャンプ地を設営してたときに、カエルが挨拶に来たようで・・・

ぎゃぁ~~~~

となったそうで・・・爆。

一人でなく仲間がおったから良かったやろ??

という私に

カエルは嫌い!めっちゃ怖かった!カエルのせいで寝れんかった!

とね。
野グ○もOKの娘っこでも、カエルだけは苦手だったようで・・・・爆笑!

でも夏だと、蛇や蚊や虫に悩まされただろうから、この時期でよかったのかもしれんけどね。
しかし、カエルは冬眠はしていなかったようで・・・

笑いあり、涙と汗ありのサバイバル体験は無事終了。

最終週。
サバイバルから帰ってきたその土曜日。

ガールズナイト

と名打った女子のパーティーが開かれるのでした。

そこでは、親からの“感動的な手紙”が手渡され・・・例のメールで、親に娘への手紙を書くように!とリクエストが送られ来たものね・・・感動の渦に巻き込まれるはずが

・・・なぜか大爆笑で終わってしまったわが娘っこ。あらら・・・

詳細はいかに・・・明日のお楽しみ!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山羊座
2011年07月04日 07:46
AUSの蛙は… 
冬でも生きられるの?
日本のカエルも、冬眠はしないでしょ?(爆笑)

いい経験だったわね~~
今どきの、ヤワなお嬢さま、お坊ちゃまには、
耐えられない訓練だわ!

その年令の子どもには、過酷な経験だったろうけど… 
遠い将来のために!
きっと、素晴らしい、積み重ねになる筈!


ピノ♪
2011年07月04日 09:39
シュッと拭く葉っぱは「ある程度の大きさ」「柔らかい」「かぶれない」とか見極めて摘まないと駄目よね(爆)。
家の旦那もベテランなんでTVでやってる軍の訓練とか見た際は「あー俺もやったなー」とか「ジャングルで寝た」とか・・・色々語るよー(笑)。娘さんもきっと語りがたるはず。

スタッフは地理も熟知してるだろうから、即駆けつけられるんだろうね。学生がいない普段は何してるの?農場の世話だけじゃないよね?学生が居るときだけのスタッフとかも居るのかな?
ふぢ
2011年07月04日 10:22
うちも昔ブッシュウォーキングとかしてたら「足音させない歩き方」とか人類滅亡危機でのサバイバル方とか熱く語るで(笑)いい経験やんな。でも私はサバイバルしないで早く死にたいわ!ゆうたけど( ̄m ̄*)プッ

そのプリンセス、絶対演技やな。自己暗示やで(笑)嫌なものは演技してでもしないっぷりがすごい。将来が見えるようだわ。おるねんな~こんな輩がやっぱ。みんなでした苦労は絶対に宝になるのにもったいない。
娘っ子、野グ●は平気でもカエルはあかんか~ジャングルで生き抜けられんぞ!ってそんなシチュエーションないか(笑)
みっちゃん
2011年07月04日 11:47

@山羊ママ

あれ?カエルって冬眠しなかったですか??笑
我が家界隈では、そういえば、カエルはいつでもいますね。(^^;)

私も農場のほうは出来るとしても、こっちのサバイバルは無理!絶対に無理!!っです。苦笑

被災地でのトイレ問題などを最近記事でみますが、娘に
「あんた、なにかあって避難所に行くことがあっても、余裕で生きていけるな!!」
と言いましたわ。(^^;)

普通では出来ない体験ですよね。汗





@ピノ♪ちゃん

そやそや、かぶれたら大変!爆笑!!
パンキチといい語りしてたわよ。
今度、ピノ夫ちゃんも一緒にいかが?爆爆

スタッフだけで15人くらい+その家族。
学生がいないときは、ひたすら、牛や馬や豚の世話と思うよ。
とにかく家畜の量も規模もすごいからね。(^^;)

でも年中、ほとんど9年生が研修をしてるんだけど、娘によると、その辺の子たちをスクールホリデー中に預かって同じようなこともしてるらしいよ。笑

あと、TAFEのボーイスカウトとかの隊長?とかの実習にも使われてるみたいやね。今回スタッフの1人がそうやったって。







@ふぢねえ

A氏とも語れそうやろ?爆爆
私はこのサバイバル体験は絶対に無理!
私も倒れたるぅ~~~爆笑。

娘の班の子。
これだけじゃなくて、まぁ~~~それはそれは、スタッフや友達を困らすことばっかりやってたみたいやで。(--)
親の顔が見たい!?とはこのことやで・・・

ジャングルで生きなあかんシチュエーション。。。。
そんなん絶対にイヤぁ~(TT)
さるる
2011年07月04日 18:16
おそろしい~。
野グソはちょっとできないわ~~。
私は出羽三山で山伏修行をしたけど、トイレは一応ある所だったし~、山歩き(月山)も汗が出た所為かトイレにもあんまり行きたくなかったからな~。滝に打たれたり、火を飛んだりしたけどそっちの方が楽よ~。
そりゃあ、人生変わるわ。
たまごっち
2011年07月05日 01:49
そんな行事は 絶対に無理だわ。

でも、何にも怖いものが無くなるっていうか対処する事が出来るよね。
生きる力の教育だわ~~。

女子ってだけで面倒な事も多いでしょう。
どこにでもいる困った奴ですね。
みっちゃん
2011年07月05日 06:42

@さるるちゃん

野○そはできても、葉っぱで拭くのはいやぁ~~~号泣。

ホンマにすごいやん?
私はこのハイクとかサバイバルとかは絶対に無理!(--)
長男くん、こういうことは全然言ってくれんかったから、ここまで激しいことがある。って知らんかった。(^^;)

これだけの体験をすれば、強くも逞しくもなるわね。汗






@たまごっちさん

すごいでしょ??
訓練内容が海兵隊なみ??苦笑
これらは私もパスですわ・・・その困ったちゃんのような演技してしまいそう。。。苦笑

これだけの体験をしてれば、何事にも負ける。ってことはないでしょうね。
人生が変わる出来事ーーーホント、そのとおりだと思います。(^0^)


ds
2011年07月05日 13:45

 お願いです、お代官様、多少でしたらお金があります。これでご勘弁ください<(_ _)>。辛いことは嫌です。
みっちゃん
2011年07月05日 14:44

@DSさん

あははは~私も同じかも。。。(^^;)

さすがに、ここまでのことはしたくない!ってのが本心かも・・・
でも友達と一緒なら、これも楽しい思い出になるのかもしれない。。。苦笑